東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

東京UPlus橋本監督、八王子黒木監督 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部の八王子FC対東京UPlusの試合が8日、八王子市・戸吹スポーツ公園で行われ、東京UPlusが2-0で勝利した。試合後の東京UPlus・橋本監督、八王子・黒木監督との主な一問一答は次のとおり。

橋本慶監督

TOKYO UNITED FC +Plus

TOKYO UNITED FC +Plus:橋本慶監督

──2-0で勝った感想は。

「勝つには勝ったがピリっとしない感じはあった」

──前半は連係などでミスもあったが、監督にはどう映ったか。

「うちの選手は相手に関係なく、良くも悪くもそれなりにできる。ただ、今日は相手のサッカーに合わせてしまっている印象があった。それにテンションが低かった。それに尽きる」

──今日の試合は砂川選手をボランチではなくFWで起用したがその意図は。

「彼が良さを出せるのはボランチではなくもう1つ前のポジションなのかなと思った。それはほかの選手にも言えることで、全員が良さを出せるところでプレーさせたいと常に考えている。そういったこともあって今日は1つ変えてみた」

──0-0の状況を打開するために考えていたことはあったか。

「前半は守備と攻撃の連係が上手くいっていなくて、ボールが前に運べていなかった。前半途中でそのつなぎ役ができるFW森田を中盤に下げて好きなようにプレーさせた。彼は試合を動かしてくれる選手なので、そこが狙いだった。よくやってくれたと思う」

──ハーフタイムに選手に伝えたことは。

「とりあえず走れと選手には伝えた。このチームは走らないと勝ちにはつながらないと思っていた。まず走ることから始めて、戦術うんぬんはその次だよと伝えた」

──後半の早々には砂川選手がCKからヘディングで先制点を決めた。終盤には木村選手が追加点を挙げた。

「砂川のゴールは予想外というか、セットプレーという期待していないところで決めてくれた。新しい一面を見せてくれた。木村のゴールは、あそこで積極的にシュートを撃つ、彼のストライカーらしい良さがでた。ただ、あのような場面を出していかなければ彼もずっとベンチを温めることになってしまうので結果を出してくれて良かった」

──1勝1敗となったがここからの戦いについては。

「1試合1試合、目の前の試合でどれだけ今の試合より良くできるかだと思う。あとは個々の選手がどれだけ向上心を持つかだと思うので、そこは監督として選手を叩いていきたい」


黒木文紀監督

八王子FC

八王子FC:黒木文紀監督

──0-2となったが感想は。

「非常にもったいない試合になってしまった。ただ、やはり負けは負け。この負けをポジティブに考えても仕方がないので結果をしっかりと受け止めていく必要がある。チームとしてチャンスは作れているし、成長はしているので、それを早く結果につなげたい」

──具体的な課題などは見えたか。

「東京海上も東京UPlusもそうだが相手の良い時間帯にどれだけ耐えられるか。耐えるというより、いかに相手の良さを消せるかが今年の課題だと思っている。今日も前半は相手が思うようにサッカーができていなくてイライラしていたと思う。そこで得点を取ることができれば良かったが取り切れなかった」

──昨年の主力だった犀川選手が今年はいなくなった。今季の攻撃の現状をどう見ているか。

「速さであったり爆発力はなくなったと思われるかもしれないが、自分の手応えとしては、今季のチームの方がいいと思っている。昨年よりもチーム全体で守る、攻めるということが出来るようになってきた。今日は先に失点して縦一辺倒の攻撃になってしまったが、焦らず中盤でワンクッションを入れることができれば良かったのかなと思う。攻撃に関しては形が変わっただけで、特別攻撃力が落ちたとは思っていない」

──今日はMF山田選手を後半から投入したが、リズムとしてはどうだったか。

「やっぱり前半の頭から入れないと彼もリズムに乗れない。彼とは今年からやっているのでサイドの方が守備するのかなとか、真ん中の方が良いのかななど、そこは探り探りやっている。とはいえ彼もチームのオプションの1つだし、他にも良い選手はたくさんいるのでそこは上手くやっていきたい」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP