東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

東京U福田監督、東京23土屋監督 一問一答

 関東サッカーリーグ1部が1日に開幕し、昨季3位の東京ユナイテッドと同4位の東京23の試合は1-1の引き分けに終わった。試合後の両監督との主な一問一答は次のとおり。

福田 雅監督

東京ユナイテッド

東京ユナイテッド:福田 雅監督

──開幕戦を戦い終えての感想は。

「負け試合を拾ったと思う」

──実際に戦ってみて、当初考えていたことと違ったところはあったか。

「言い訳はしたくないが、佐々木が急遽発熱で欠場したり、河本、永里もケガ。もちろんこれでやっていかなくてはいけないし、プレーする選手が変われば、戦い方も変わるのは仕方がない。そこは当然あった。ただ、全体を通すと厳しいゲームだった。あとは最後に全員の前でも言ったが、関東1部がどんなものかをみんなが知ること。このピッチ、この相手、気迫、環境、すべてを受け入れて、JFLに続く道とはこういうもの。そこを理解しなくてはいけない」

──1-1から最後に勝ちに持っていくための考えは。

「正直なかった。この展開になってしまうと全員がボールに関わるサッカーは難しかった。途中からは明確に縦に、スペースに走れる選手を投入した。そこは戦い方を変えた。あれ以上のことは今日はできなかった。ただ、負けなかったことが良かったし、次につながる。あとは、今日1試合を戦って色々なことが見えた。ステージの高いところでやっていた選手が多いけど、彼らも簡単ではないということを知らしめる良い機会でもあったと思う。もう一度、引き締めてやっていかなくてはいけない」


土屋 慶太監督

東京23FC

東京23FC:土屋 慶太監督

──開幕戦の1-1という結果について。

「まずは負けなくて良かったが、チャンスもたくさんあったし、流れ的には勝ち点3を取りたかった」

──個で上回る相手にどんな戦い方を考えていたか。

「先週までのプレシーズンでも色々と試してきたが、なかなかチームとしてハーモニーが生まれるような戦い方はできていなかった。そういったこともあり、メンバー変更も含めて今日は割り切って戦った。スタメンからベンチ外になった選手もいる。今日は出場した選手がしっかりと役目を果たしてくれたので、流れを持ってこれたと思う」

──ボールを奪ってから素早く縦に攻めている印象だったが、狙っている形だったか。

「相手は守備が固いチームなので、守りを固められると崩せない。奪った瞬間、整う前に攻めるというプランは一つあった」

──1-1で進んだゲーム、最後に勝ち点3に持っていくためにどんな考えを持っていたか。

「まずはやられないことを優先に考えていたのと、後半に相手がメンバーを代えて押される時間が多くなったので、相手の芽を潰すフレッシュな選手を入れて、また同じように攻め切る。あとはセットプレーに強い選手がいたので、そこは狙っていた」

──まだ1試合だが、開幕戦を戦い終えて今後はどう見えてきたか。

「これを最低限のベースに戦うことになるが、まだまだレベルアップしないと、リーグ優勝は難しい。他のチームもどんどん強くなっていくので、ここで満足しないで頑張っていきたい」

順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP