東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

関東リーグ開幕 東京ユナイテッドと東京23の対決は1-1ドロー

東京Uは後半早々に黄大城がヘディングで勝ち越しゴールを狙うがポストを叩いた。

東京Uは後半早々に黄大城がヘディングで勝ち越しゴールを狙うがポストを叩いた。

 関東サッカーリーグ1部が1日に開幕。昨季3位の東京ユナイテッドと4位の東京23の東京勢対決は1-1の引き分けに終わり、両者で勝ち点1を分け合った。次節、東京ユナイテッドはアウェーで流通経済大学(茨城)と、東京23はアウェーでジョイフル本田(茨城)と戦う。

東京U先制 東京23すぐ同点 後半は白熱攻防もドロー

 開始わずか2分、東京Uのファーストチャンス。新加入のMF能登が中盤でボールを持ち上がると、エリア手前から左足をコンパクトに振り抜く。ボールは一直線にゴール右すみへ突き刺さって先制。今季の関東リーグ・東京ダービーは大型補強に成功した東京Uのファインゴールで鮮やかに幕を開けた。

 そこからもどちらかといえば前半は戦術が型にはまっていたのは東京23。東京Uのもたつきを摘んでは、角口をターゲットに両サイドの飯島や唯井が押しかけ、さらに背後からはSB齋藤らも加わる分厚い攻め。27分にはショートカウンターから荒木が上げた右からのクロスを飯島が頭で叩いたが、ゴールラインを割る寸前でかき出されて、追加点を奪えなかった。

 このままでは終われない東京Uも後半途中からは盛んに反攻。「正直この展開になってしまうと全員がボールに関わるサッカーは難しかった。縦に、スペースに走れる選手を投入した」と東京U・福田監督。ポゼッションに見切りをつけ、FW小口、平尾、MF川越らを矢継ぎ早に投入していき、ゴールへ向かうアクセルをもう一段上げて東京23を追い詰めた。だが、小口のヘッドがバーをかすめたり、保坂の決定的なシュートは力んで枠を捉えられなかったりと1点が奪えず。

 終盤は互いに失点と隣合わせの緊迫感を背負いながらも勇気を持ってゴールに向かう白熱の一進一退。最後は東京23に決定機が訪れたが、角口、石田が決められずタイムアップ。東京23・土屋監督は「流れ的には勝ち点3がほしかった」。東京U・福田監督は「負け試合を拾った」。対照的なコメントを残しつつも、まずは両者で勝ち点1を分け合い、今季をスタートした。

関東サッカーリーグ1部

  • TOKYO UNIITED FC 1-1 東京23FC
    【得点者】
    2分 能登 正人(東京U)
    6分 角口 大征(東京23)

順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP