東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

八王子はポジティブな勝ち点1

ドリブルで攻め込む八王子のMF山田。

ドリブルで攻め込む八王子のMF山田。

<東京海上 1-1 八王子>

 相手が前からプレスを掛けてくればDFはシンプルにクリア、中盤のセカンドボール争いになれば相手よりも人数で上回るMF5人が奮闘。攻撃においても縦一辺倒の昨年とは違った中盤の細かいつなぎを披露し、そつなくゴールに向かった八王子。「これまでのうちの戦い方と違ったから相手は戸惑っていた。勝ち点3を狙っていないと言ったら嘘になるが、まずは海上さん相手に勝ち点1を拾えたのは大きい」と黒木監督は安堵の表情を浮かべた。

 中でも東京蹴球団から今季加入したMF山田と鈴木の2人の存在感が光った。山田は持ち前の技術で狭い局面を次々と打開したり、ドリブルで食いつかせたり。鈴木はこぼれ球の察知力と強い寄せ、的確なさばきでチームを支えた。山田は「相手は激しく寄せてきたが、その前にボールをはたけば入れ替われた。それに相手は真面目で4-4-2のポジションを忠実に守るから、中央のスペースが常に空いている。正直みんながビビらず外に逃げなければもっと支配できた」と初ゲームを振り返った。

 チームとしては先に1点を失ってからも大きく崩れず、最後まで諦めない姿勢を保ち、終盤には右SB長島のクロスをFW青木が蹴り入れて同点。自らのサッカーにチャレンジしつつ勝ち点も挙げ、まずまずのスタートを切った。ただ、黒木監督は「昨年も開幕は上位相手に引き分けスタートだったが、最後は残留争いとなった。ここからが大事になる」と手綱を締めることも忘れていなかった。次節は昨季2位の東京U Plusと戦う。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP