東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

Criacaoが新体制発表 成山新監督、新加入5選手が抱負

 マネジメントの面では一昨年まで3年間GM・主将を務めていたDF金裕士が今季から再びGM・主将に就き、組織の基盤を固める。サッカー面では2015年に関西学院大学の監督として全日本大学選手権などシーズン4冠の偉業を成し遂げ、昨年はJ2・愛媛でコーチを務めていた成山一郎氏を新監督に迎えて再起を図る。

 成山監督は「試合の苦しい時にいかに自分に打ち勝てるかどうかが勝負の分かれ目。今、選手たちは開幕にむけてきついトレーニングをこなしているが、シーズン通して頑張っていくには皆さまの応援が必要です。よろしくお願いします」と挨拶した。

 続いて新加入選手5人が紹介され、早稲田大学から加入するMF石川大貴(22)は「ここにいる新加入の5人が絶対に昇格させてみせます」と力強く意気込んだ。またクラブは、今季から名称を「Criacao」から「Criacao Shinjuku」と改名し、クラブが拠点を置く新宿区や新宿区サッカー協会ともより連携を図りながら活動していくこと、加えてジュニアユースを新たに設立することも報告した。

 Criacaoの今季開幕戦は3月25日で、昨季8位の東京蹴球団と対戦する。

2018年 Criacao新体制

新監督:成山一郎
新主将:金裕士

【新加入選手】
・MF大和田歩夢(中央大学体同連フースバルクラブ)
・FW影山克明(駒澤大学高等学校)
・DF清水大志(FC Sogno)
・DF上村佳祐(青山学院大学体育会サッカー部)
・MF石川大貴(早稲田大学ア式蹴球部)

昨年の東京1部順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP