東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 記事

東京サッカーニュース

エリースGK寺地「楽しめた」 好セーブ披露

好セーブを見せて勝利に貢献したGK寺地。

好セーブを見せて勝利に貢献したGK寺地。

◇マスターズ東京大会決勝:エリースDX 2-0 フエンテ

 混合チームのエリースの中でも特に違和感が漂っていたのは長年のライバルチーム・日立ビルシステムの顔ともいえるGK寺地。「僕以外にも他のチームでやっている選手はたくさんいたので、気にせず楽しめました」と笑顔を見せたが、プレーでは前半から俊敏な反応を見せてしっかりとチームの危機を救った。

 チームメイトのMF篠原は「あのプレーが流れを相手に渡さなかった」と17分のプレーをポイントに挙げた。フエンテのCK、垣本の決定的なヘッドを右手を伸ばして弾き、バーに当たったこぼれ球を素早く懐におさめて先制点を許さなかった。寺地は「(ヘッドを)叩かれたら難しかったけど、浮いたボールだったので何とか止めることができた」。

 救われたチームはその5分後にCKから鈴木が先制点を挙げ、後半には篠原が追加点を奪ってゲームをものにした。残念ながら関東大会には所属チーム・日立ビルシステムの合宿と日程が重なり、監督という立場上、参加は断念するとのこと。「みんなモチベーション高くやっているし、頑張れば全国にいけると思う。またタイミングが合えば参加したい」とエールを送った。

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP