東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

関東リーグ年間表彰式 優勝のVONDSら登壇

今季の関東1部リーグベストイレブン。

今季の関東1部リーグベストイレブン。

  関東サッカーリーグの年間表彰式が16日に都内のホテルで開かれ、リーグ役員や各チームの監督、選手などおよそ100人が出席した。リーグの1年を締めくくるはずの恒例行事も、今年に限っては24日に「関東リーグ入れ替え戦」が残っており、来季の残留、都県リーグからの昇格チームも決まっていないという異例の事態で式を迎えることになった。冒頭、浜中利夫理事長は「入れ替え戦該当チームはまだまだ必死になって練習をしているところだと思う。来週の入れ替え戦に向けてさらなるご支援、ご協力を頂いて今年を乗り切りたい」とあいさつした。

 式では1部リーグで初優勝を飾ったVONDS市原、続いて2位ジョイフル本田つくば、3位東京ユナイテッドに表彰状とトロフィーが授与され、個人表彰では今季14ゴールを挙げて得点王に輝いた池田晃太(ジョイフル本田)、8アシストでアシスト王を獲得したレナチーニョ(VONDS市原/※欠席)にそれぞれトロフィーと副賞としてサッカーショップKAMOの商品券2万円分が贈られた。また優勝したVONDS市原から最多5人が選ばれたベストイレブンにもトロフィーと副賞が贈られた。

 2部リーグも同様に優勝した東京国際大学FC、2位tonan前橋、3位TUYが表彰され、個人部門では得点王の井上海希(エスペランサ)、アシスト王の佐野弘樹(神奈川県教員)、続けてベストイレブンが表彰された。またカップ戦「KSL市原カップ」で初優勝を飾ったヴェルフェたかはら那須、準優勝の東京23FCには表彰状とトロフィー、副賞が贈られた。またフェアプレー賞は1部が流通経済大学FC、2部は横浜GSFCコブラがそれぞれ受賞した。

 関東リーグは来季日本フットボールリーグからブリオベッカ浦安と栃木ウーヴァの2チームが降格することに伴い、24日に1部と2部、2部と都県リーグの間でそれぞれ2試合の入れ替え戦を実施し、その結果を受けて来季の全20チームが決定する。来季の開幕は4月1日の予定。

【映像】関東リーグ表彰式(02:37)

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP