東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

東大U、2部カップ戦初優勝 PK戦の末にFLUTTO下す

PK戦の末に2部カップ戦初優勝を飾った東大U。

PK戦の末に2部カップ戦初優勝を飾った東大U。

 第19回目となる東京都社会人サッカーリーグ2部カップ戦は12日、清瀬内山運動公園サッカー場で東大ユナイテッド対FLUTTOの決勝を行い、東大Uが3-3で迎えたPK戦を5-4で制して大会初優勝を飾った。

◇東京2部カップ戦決勝:東大U 3-3(PK5-4) FLUTTO

 初の決勝進出を果たした東大Uと、2度目の優勝を狙うFLUTTOが対戦。試合は早々に動く。開始6分、FLUTTOは相手のCKを凌いだ後にカウンターを発動すると、FW浦江の折り返しをMF佐藤が合わせて先制に成功する。

 しかし、東大Uもゲームを組み立て直してポゼッションを高めていくと、35分にロングボールでDFの背後を取ったMF森元が右足で豪快に蹴り込み同点。だが、その直後、FLUTTOはショートカウンターから最後は浦江が決めて、前半を1点リードで折り返す。

 後半は立ち上がりから東大Uが激しくプレッシャーを掛けていき、1トップのFW新井がポイントになってサイドアタックを繰り返す。46分に左からのクロスを新井が頭で決めて2-2の同点に追いつくと、57分には新井が高い位置で相手のパスミスを奪ってそのままゴールネットを揺らして一気に逆転に成功。

 停滞感が漂うFLUTTOはなかなか状況を打開できずにいたが、それでも67分、敵陣左サイドからゴール前にスローインを放り込むと、相手のハンドを誘ってPKを獲得。これを準決勝でハットトリックを達成しているFW黒田が確実に決めて3-3。その後は互いにチャンスを作るものの勝ち越しゴールを奪えずに勝負はPK戦に突入。互いに1人ずつが失敗して迎えた6人目、先行のFLUTTOはDF高木が失敗し、東大UはGK徳吉が決めて決着。東大UがPK戦の末に大会初優勝を飾った。

東京都社会人サッカーリーグ2部 カップ戦

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP