東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

JFL浦安、栃木が降格 関東リーグは7年ぶりに入れ替え戦発生

 日本フットボールリーグ(JFL)は12日に2ndステージ最終節を全国各地で行い、今季の全日程が終了。年間の最終順位が確定した。関東に在籍するブリオベッカ浦安(千葉)、栃木ウーヴァ(栃木)の2チームは、ともに最終戦を勝利で飾ったものの、浦安が年間15位、栃木は16位でシーズンを終え、来季の関東リーグ降格が決定となった。

 JFLは原則下位2チームが地域リーグへ降格。JFLからJ3への昇格チームが出た場合は、そのチーム数(最大2)だけ降格を免れることができたが、今季はJFLからJ3への昇格チームが出なかった。栃木は2010年に関東リーグからJFLへと昇格し、8シーズン戦い、浦安は2016年に昇格して2シーズンを戦った。

日本フットボールリーグ年間順位表

2チームの降格に伴い関東では入れ替え戦が最低2試合発生 7年ぶり

◇市原がJFL昇格を果たせなかった場合の入替戦

[関東1部と2部の間で入替戦]

  • 横浜猛蹴(1部7位)- tonan前橋(2部2位)
  • さいたまSC(1部8位)- 東京国際大学(2部1位)

[関東2部と都県リーグの間で入替戦]

  • 横浜GSFCコブラ(2部7位)- 関東社会人大会2位
  • FC KOREA(2部8位)- 関東社会人大会1位

VONDS市原は24日から決勝Rに臨む(1位、2位がJFL昇格)

順位表

関東リーグ参入戦(18日に準決勝、19日に決勝)

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP