東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東社会人サッカー大会ニュース一覧 > 記事

関東社会人サッカー大会ニュース

Bunkyo好発進 FW佐藤のハットトリックで3点快勝

前半5分にBunkyoはFW佐藤がいきなり先制点を挙げた。

前半5分にBunkyoはFW佐藤がいきなり先制点を挙げた。

 関東社会人サッカー大会の1回戦が4日に山梨県で行われ、東京2位で出場のBunkyoは神奈川1位のYOKOHAMA FIFTY CLUBと対戦し、FW佐藤のハットトリックの活躍で3-0で快勝した。Bunkyoは明日の準々決勝で茨城1位のアイデンティみらいと対戦する。

<YOKOHAMA 1-3 Bunkyo>

 開始5分、Bunkyoが相手のDFラインをいきなり突き抜けた。自陣でボールを奪ってハーフライン付近でMF森田が受けると、ドリブルで一拍タメを作って相手のDFラインをおびき寄せた後に、その背後にスルーパス。最終ラインを抜け出た久保が右サイドを独走してGKと1対1を迎えると、最後は横に流したボールをFW佐藤がフリーで合わせて軽々先制点。

 だが、幸先よく船出を切ったように見えたBunkyoもそのわずか3分後、エリア内でSB岡本がドリブルで切り返された相手をひっかけてPKを献上。これを決められ、ゲームは振り出しに。その後は元プロ選手も抱えるYOKOHAMAの巧みなサイドチェンジやショートパスに揺さ振られ、走らされるシーンも目立ったが、GK宮原の好セーブなどで無失点を保つと、前半終了間際に再び敵の最終ラインを突破する。左サイド目一杯に開いたMF小椋にボールを預けて、敵のDFをサイドに釣り出すと、間隔が広がったDFとDFの間を後方から小出が駆け抜ける。小椋からボールを引き出し、左サイド深くを切り込んだ小出の鋭い折り返しはGKに弾かれたが、そのこぼれ球を佐藤が蹴り込んで追加点。前半を2-0で折り返す。

 後半はSB岡本に代えて大和田を入れて守備を安定させると、相手の運動量が落ち始めた15分過ぎに前線に砂川を送り込んで追加点を奪いにいく。70分に久保と森田のカウンターからCKを獲得すると、キッカーの久保がトリック。エリア内の中央で待つ長身のCB平野、並木らを迷彩にエリア外の中央で待つ佐藤へパス。ボールを受けた佐藤が落ち着いて右足で蹴り込んで3点目。

 その後はパワープレーで反撃を試みる相手を守備陣がしっかりと跳ね返し、逆襲から砂川や途中出場の木村らが次々にシュートに持ち込む。次の4点目こそ奪えなかったものの、3-1のままゲームを終了。Bunkyoが神奈川の優勝チームに3点快勝を飾り明日の準々決勝へと駒を進めた。

関東社会人サッカー大会 1回戦

YOKOHAMA FIFTY CLUB 1-3 LB-BRB Bunkyo

【得点者】
0-1 5分 佐藤 聖(Bunkyo)
1-1 8分 森谷 佳祐(YOKOHAMA)
1-2 44分 佐藤 聖(Bunkyo)
1-3 70分 佐藤 聖(Bunkyo)

◇大会日程・トーナメント表など

第51回関東社会人サッカー大会

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP