東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

警視庁、FW間島がハットトリックの活躍

後半15分にハットトリックを達成した警視庁のFW間島。

後半15分にハットトリックを達成した警視庁のFW間島。

◇東京2部2B:フエンテ 2-5 警視庁

 2部2ブロックで得点ランクトップに立つ警視庁のFW間島が、優勝を争うフエンテとの大一番でも圧巻のハットトリックの活躍を見せ、チームを優勝へと導いた。

 開始からボールを追い掛ける情熱とスピードが誰よりもほとばしっていた。1点ビハインドで迎えた20分には左から粟冠が入れたクロスを中央で杉が粘って横に流すと、間島は冷静にGKの股間を射抜いて同点ゴール。1-1で迎えた後半は「相手は必ずバテると思った」とギアをさらに上げていき、開始6分には一瞬追い付かなそうに見えた後方からのロングボールを猛烈なダッシュで追いかけ、GKと交錯する寸前にかすめ取ると、右足で蹴り込んで逆転弾。さらに味方が1点を追加して迎えた55分には、カウンターで最終ラインを抜け出し敵陣を快走すると、GKとの1対1を冷静に制してハットトリックを達成した。「目標に掲げた優勝を決める試合で得点が出来てよかった」と間島。

 次はステージを一つ上げて1部に戦いの場を移す。「DFとの駆け引きも2部とは全然違ったものになるだろうし、裏のスペースもケアされる。ポストプレーのあとに走り出す得意のダッシュも、1部ではまず簡単にポストプレーをさせてくれないはず。それでも相手の油断を突いて一発ガツンとやってやるつもり。戦っていける自信はある」。その目はギラついていた。

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP