東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

警視庁の2部2ブロック優勝が決定 3季ぶりに1部へ

2部2ブロックで優勝を決めた警視庁サッカー部。

2部2ブロックで優勝を決めた警視庁サッカー部。

 東京都社会人サッカーリーグ2部2ブロックで首位に立つ警視庁は8日、東久留米総合高校で勝ち点2差で2位につけるフエンテ東久留米との大一番に臨み、FW間島のハットトリックの活躍などで5-2で勝利。勝ち点を36に伸ばして最終戦を前にブロック優勝を決めた。警視庁はリーグ戦終了後に東京都社会人サッカー連盟からの正式な承認を経て、3季ぶりに1部復帰が決定する見込み。

 この日、勝てばブロック優勝が決まる警視庁は、開始10分にフエンテのFW上村にいきなり先制点を奪われたが、焦ることなくサイドから落ち着いて崩しに掛かると、20分にはエースストライカーのFW間島が同点ゴール。前半を1-1で折り返すと、後半は持ち前の運動量と攻守の切り替えの鋭さでフエンテを上回り、開始15分で間島の2得点と沼田のゴールで一気に4-1とリードを広げた。

 その後、フエンテに1点を返されたものの、終盤にはカウンターから上諸が5点目を奪って、最後は5-2で勝利。開幕から12連勝と一度も負けることなく優勝を決めた。最終戦は11位のSUGINAMI SCと対戦する。

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP