東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

東蹴-Bunkyo 試合後:両監督一問一答

 東京1部の東京蹴球団対Bunkyoの試合が16日、清瀬内山運動公園サッカー場で行われ、1-1の引き分けに終わった。試合後の浅海友峰監督(Bunkyo)、鈴木基之監督(東京蹴球団)の一問一答は次のとおり。

浅海友峰監督

LB-BRB Bunkyo

LB-BRB Bunkyo:浅海友峰監督

──首位攻防戦、1-1という結果に終わったが。

「今季、自分たちが先に失点したのはおそらく初めて。去年も東蹴さんには先に点を取られてしまった。でも去年はそのまま逃げ切られたが、今年は何とか追いつけた。ただ、本音を言えば勝ち点3を取る準備をしてきたので悔しい」

──今日のゲームプランは。

「多少リスクを冒してでも縦にボールを入れていくこと。FW木村など頑張れる選手が前にいるので、そこに当ててサイドから崩していくことを考えていた。相手はそれほど激しく寄せてこないし、サイドで一度ボールを持たせてくれる。ただ、そのあとのダイレクトパス、ドリブルで突破していくことを練習してきたが、相手の1対1が強くて難しかった。やはり守備が固かった」

──外から見ていると、ボールを持ってペースをつかめているようには見えるが、実際にはどうだったか。

「ボールを持っているとうちのペースに見えるが、特に前半は横パスが多くて相手からするとまったく怖くなかったと思う。縦に対して相手の守備は強いので、少し斜めに角度をつけて背後を取りたかったが、そこを取らせてくれなかった」

──0-0で前半を折り返したが、嫌な予感はあったか。

「セットプレーになると背の高い選手たちも上がってくるし、1本でやられる怖さはあった。正直、どこかで失点するかもしれないとは思っていた」

──先に1点を失って、その後に小椋選手と森田選手を同時に投入したが、当初の考えとは少し違った交代になったか。

「失点して少し時間を置いて投入した。でも、残り15分くらいが勝負だと初めから考えていた」

──途中で同点に追い付いたが、勝ちきれなかった。そこはどうみているか。

「よく追い付いてくれたという思いもあるし、一方で勝ちきれなかった残念な思いもある。相手の最後のセットプレーはやはり怖かったし、逆にこちらももっと勇気を持ってチャレンジしても良かったかなと思う」

──これで暫定首位をキープ。ここからの意気込みは。

「残り4試合。去年の優勝、上位3チームの勝ち点が30だったことを考えると、うちはもう負けられない。チャレンジャーの気持ちを持って戦っていきたい」


鈴木基之監督

東京蹴球団

東京蹴球団:鈴木基之監督

──1-1という結果に終わったが。

「残念。勝ちたかった」

──勝ちに持っていけそうなゲーム運びはできていたか。

「前半を0-0でいけば後半にどこかでチャンスがあると思っていた。そこでうまく先制することはできたが、逃げ切れなかった」

──逃げ切れなかった原因は。

「最後は少し疲れてしまったかな。でも相手のシュートも良かった。決められた久保くんは去年対戦した時より全然いいし、今年は何回か見ているが動きがキレている。このリーグの中でもアウトサイドでは抜けていると思う」

──その久保選手への寄せ、マークの対応などはどう考えていたか。

「今日はうちの左サイドバックの高野をマッチアップさせるつもりだった。そしたら相手も最初は久保を逆サイドに置いてきて、西田がマークすることになった。でも去年は西田がしっかり抑えていたし、結局すぐに高野の方に回ってきた。よく対応していたと思う」

──前回のBunkyo戦をスカウティングしたと思うが、今日はどういったゲームプランだったか。

「両サイドからクロスやドリブルを入れさせないようにしたかった。長いボールを木村くんに当てて、そのセカンドボールを拾われると攻められてしまう。うちがヘッドで跳ね返したこぼれ球を中盤がいかに拾って、カウンターにつなげるか。仮にカウンターにつなげられなくても崩されないようにしようと話していた。うちが出来ることといえばそれくらい」

──そこは90分通してある程度できたか。

「出来たと思う。失点の場面は仕方がないが、それ以外はシュートもそれほど撃たれていないし、危ない場面もなかったと思う」

──今日は須貝選手をスタートから使えなかった。誤算だったか。

「少し遅刻してくるという話だった。色々と仕事もあるし仕方がない。できればスタートから使いたかったが、須貝が出たからといって、どうだったかはわからない。下村もよく頑張っていた」

──これで3試合連続ドロー。負けない強さなのか勝てない弱さなのか、監督としてはどう感じているか。

「結局、守備よりも攻撃がね・・・。点は少しずつ取れてはいるが、いかにボールを失わずにシュートまで持っていけるかだと思う。ただ、去年たまたま1-0で勝てただけで、うちの力はこんなもの。今日も1-0で勝てていれば『予定通りのゲーム運びでした』と言えたが、まだまだ中盤から前の選手たちの動きやボールの動かし方は課題が残る。ボールを奪うことができても、それを一つ、二つとつないでいかないと、結局また攻められてしまう。ただ、急には改善できないし、そこはある程度割り切ってやっていくしかない。できないことをやるより、うちは出来ることをしっかりとやる。他のチームのように新しい選手が入らないと変わらないし、0-0、1-0、1-1といったゲームが続いていくと思う」

──残りの試合に向けては。

「次のアストラ戦も難しいゲームになると思うし、それにまだCriacaoや三菱養和も残ってる。そう考えると、一戦一戦を大事に戦っていくしかない」

関連記事

PR

PAGE TOP

PR

PAGE TOP