東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

Bunkyoと東蹴はドロー OSSA、海上など勝利

Bunkyoと東蹴は1-1の引き分けに終わった。

Bunkyoと東蹴は1-1の引き分けに終わった。

 東京都社会人サッカーリーグ1部は16日、各地で5試合を開催した。

 Bunkyoと東蹴の首位攻防戦は1-1の引き分けに終わった。後半にMF小美濃のゴールで東蹴が先制したが、BunkyoはMF久保の3試合連続ゴールで追いついた。Bunkyoは勝ち点を18とし、暫定首位をキープ。東蹴は3試合連続ドローとなり、同16で前節の2位から3位に順位を落とした。

 OSSAはMF清水の1得点1アシストの活躍で三菱商事を3-2で退け、勝ち点を16に伸ばして得失点差で暫定2位に浮上した。東京海上は法政クラブを4-3で下して、同16で暫定4位に浮上。1-2で折り返した後半にMF堀田、堀本、小松が得点を挙げて逆転した。

 アストラは終了間際にMF浅間が決勝点を奪い、Criacaoに3-2で競り勝ち、同15で5位に浮上。Criacaoは5敗目。三菱UFJは萩間、池西、平川のゴールで八王子を3-1で下して、5試合ぶりの勝利を挙げて同14で7位に浮上している。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • 東京海上FC 4-3 法政クラブ
  • 三菱東京UFJ銀行 3-1 八王子FC
  • 東京蹴球団 1-1 LB-BRB Bunkyo
  • Criacao 2-3 アストラ倶楽部
  • FC.OSSA 3-2 三菱商事

東京都社会人サッカーリーグ1部

関連記事

PR

PAGE TOP

PR

PAGE TOP