東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

エリースDX初黒星 CB熊谷「サッカーの難しさ痛感」

うつむいてピッチを去るエリースDXのイレブン。

うつむいてピッチを去るエリースDXのイレブン。

◇東京2部3B:アローレ八王子 1-0 エリースFCDX

 開幕からの連勝が5でストップしたエリース。CB熊谷は「お互い決定機が少ない中で、オウンゴール1本で勝負が決まってしまう。サッカーの難しさを改めて感じた」と肩を落とした。前半のエリースは若いアローレを時に激しく、時に華麗にいなしながら巧みにゲームを進め、MF石川の中盤を颯爽と駆け抜けていくドリブルから何度かシュートチャンスも作り上げた。

 0-0で折り返した後半開始からは左ハーフに高橋を投入し、その高橋が得意のドリブルで対峙するSBをどんどん引っ張って敵の最終ラインをいびつにしていく。10分に差し掛かるとベンチはすかさず次の一手を打って、中盤の攻撃的な位置に常盤を投入して本格的にゴールを奪いに出た。だが、その直後の相手のFKからの流れで、その常盤がまさかのオウンゴールで先制点を献上。とはいえ混戦の中で起こった状況を考えれば致し方なく、むしろCB熊谷は「それまではきちんと守れていたし、あのFKのシーンもさほど怖くなかった。でもその詰めの甘さが勝負を分けてしまった」とセカンドボールの処理、折り返しのボールを入れさせた対応を悔やんだ。

 1点を追い掛ける残りの時間は焦りが生じたのか相手がゴール前を固めているにも関わらず、その誘いに乗るように安易なクロスを乱発。相手を引きずり出す工夫やDFラインの背後をFWが取る場面は皆無で、結局、細工なしの攻撃をひたすら続けてタイムオーバーとなった。「サイドからの攻撃はみんなが意識していた。でもそこに至る過程や最後の精度には課題がある。もう1つ、2つその精度を上げていかないとGIOCOとも戦えないと思う」と熊谷は無念そうに語った。

関連記事

PR

PAGE TOP

PR

PAGE TOP