東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

三菱養和:岡元「勝点3を取りたかった」TFSC:佐野「次につながる」 試合後コメント

TFSC対三菱養和

TFSCと三菱養和の試合は1-1のドローに終わった。

 東京1部のTFSCと三菱養和のゲームは1-1のドローに終わった。開幕2連勝を逃した三菱養和のFW岡元は「勝ち点3を取りたかった」「全体的に切り替えが遅かった」などと振り返った。この日は開幕戦ほどの鋭い攻守の切り替えや前線からプレスを披露できず、結果的に2次、3次攻撃につながらず追加点のチャンスを築けなかった。一方、TFSCは初勝利こそならなかったが、主将のMF佐野は「養和さんからの勝ち点1は大きいし次につながる」「長いシーズンで一つずつ勝ち点を積み上げていくことが大事」と話し、今回の勝ち点1をプラスに捉えていた。

三菱養和:MF岡元思帆選手

──勝ち点1という結果について。

「勝ち点3を取りたかったが、最後の詰めのところでパスの出し手と受け手のタイミングが合わなかった。攻撃に課題が残る」

──立ち上がりは決定機もあったが。

「あの時間に決めたい。途中からは相手も縦に入る足元のパスを狙いにきていたし、サイドから崩すやり方に変える必要があった。ただ、自分たちもクロス勝負になるとそれほど強くない。そこは課題」

──それ以外に勝ち点3に持っていけなかった原因は。

「前線からの連動した守備が足りなかった。ボールは動かせていたが、途中で引っかかった時に前回の方が高い位置で奪い返して、素早く攻撃に切り替えることができていた。切り替えの部分は漆間監督がいつも言っていること。ただ、今日はその漆間さんがいなかったこともあり、ピッチの中で切り替えについて声を出す選手もいなかった。いい形でボールを奪えたシーンはほとんどなかった」

──次の試合に向けては。

「前線と守備の選手たちの意識を合わせていきたい。前の選手がボールをもらうタイミングと後ろからパスを出す選手との意識にズレがある。準備ができていない時にパスを出されて、奪われて、相手にカウンターを浴びる場面も少なくない。守備も含めて細かい部分を突き詰めていきたい」

TFSC:MF佐野功治選手

──今回の勝ち点1をどう捉えているか。

「何とか勝ち点1を取れた。養和さんからの勝ち点1は大きいし次につながる。うちがやりたいサッカーとはかけ離れていたが、守備陣がよく踏ん張ってくれた。長いシーズンで一つずつ勝ち点を積み上げていくことが大事だと思う」

──三菱養和に対して狙いは。

「相手はショートパスをつないでくる。特にワンツーを多く使ってくるので、そこはマークに付いた人間が必ず最後までついていくことを話していた。ただ、中盤の守備はまだまだ緩かったし、今日1失点ですんだのはGK(勝部)のおかげだと思う」

──TFの攻撃に関しては。

「うちも相手と同じようにパスで崩していくサッカーだが、得点シーン以外はほとんど縦パスも入らなかったし、持ち味を出せなかった。でも、FW嶋田がよく前線で収めて頑張ってくれていた」

──次のCriacao戦に向けては。

「次の相手も縦に早いし押し込まれる時間が長くなると思うが、うちも負けずにまずは無失点を狙いたい。あとは少ないチャンスをいかに決められるかだと思う」

順位表

関連記事

PR

PAGE TOP

PR

PAGE TOP