東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

東京、埼玉から7点 FW佐々木がハットトリック

東京・埼玉社会人サッカー交流戦

  • 埼玉県リーグ選抜 1-7 東京都リーグ選抜

東京都選抜 出場メンバー

GK峯達也(HT:関根宏一郎) DF下村悠太、成田一輝、松田貫、岩田修平(HT:池西希) MF中田航平(HT:近藤洋史)、小松聖音、笈川大樹、岡元思帆(HT:清水道浩)、須貝俊一郎(58分:杉村オスカル) FW佐々木竜太

FW佐々木が口火 昨年に続き東京イレブンが躍動

 ホームで負けるわけにはいかない埼玉の序盤の勢いをあっさりと消し去ったのが前半8分。敵の中途半端なバックパスをかっさらったFW佐々木が一気にドリブルで加速。左サイド深く、さらにはエリア内を蹂躙し、最後は右足で蹴り込んでネットを揺らした。エースの一発で肩の荷が下りた東京は個々人が躍動。主将の小松を筆頭に踏み込みの鋭い寄せでボールを奪い、DFラインの背後へ流れるMF岡元(養和)に正確なパスを供給。そこからは敵陣でリズムよくショートパス、それぞれのアイデアを巡らせてゴールに迫った。

 形にこだわり過ぎて得点を奪えない場面も続いたが、37分にはエリア手前で岡元が失いかけたボールを佐々木が引き継いで最終ラインを突き抜けると、右足で逆サイドにビシっと沈めて前半を2-0。

 主将の言葉に呼応するイレブンは再び躍動し、74分にはDF松田が昨年に続きCKから頭でゴール。82分にはMF笈川が自ら獲得したPKを決めて6点目。最後はアディショナルタイムに近藤がネットを揺らして7点目。終始主導権を握り続けた東京が昨年に続く7点大勝を飾り、2017年を幸先よくスタートした。

交流戦ゴールシーン:埼玉 - 東京

関連記事

PR

PAGE TOP

PR

PAGE TOP