[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 記事

東京サッカーニュース

エリースDX、埼玉に0-1惜敗 関東代表は埼玉と千葉に決定

PR

2017年2月12日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  35歳以上による「日本スポーツマスターズ2017関東予選会」の代表決定戦2試合が12日、埼玉県熊谷市のくまぴあサッカー場で行われ、東京都代表のエリースFCDXは埼玉県選抜OVER35(埼玉)に0-1で敗れ、全国大会出場を逃した。関東代表として全国大会(9月・兵庫県)に出場するのは埼玉県選抜OVER35と、ヴェルフェ35(栃木)を1-0で破った千葉県OVER35選抜(千葉)の2チームに決定した。


エリース 一瞬の迷いで痛恨の失点 全国逃す

 強い風の影響もあってエリースのポゼッションは乏しかった。ただ、それは相手の埼玉とて同じ。序盤から蹴り合い、密集での激しい体のぶつけ合いが淡々と続いた。徐々にエリースは左SB大塚が高い位置まで上がってボールを収めると、そこにボランチの熊谷らが顔を出し、ようやく左右に散らしてクロスを放り込む。だが、中央で合わずにボールが相手に渡ると、埼玉は途端にエリースの両サイドバックの背後をカウンターで巧みに突いてきた。CB小林と岩間の2人が必死のカバーとクロスの対応に追われるシーンも少なくなかった前半。

写真  そんな我慢比べの展開の中で先に失点したのがエリース。後半開始5分、右SB土井が敵陣で相手に押しつぶされるようにボールを失うと、イレブンはファウルを主張したが、主審には受け入れてもらえずプレーは続行。一瞬の迷いが生じたエリースはそこから先のカバー、スライド、マークの対応が一歩ずつ後手に回り、最後は右からのクロスを埼玉のMF内田に頭で叩き込まれた。

 1点を追いかけるエリースは残りの時間を果敢に攻めたが、ゴール前を固める埼玉を前に単調な攻撃が続き1点が遠い。FW久保田が何度かエリア内深くまで切り込んだが、その折り返しに駆け込む人数、迫力が乏しかった。工夫を施せぬまま結局はロングボールやクロスといった力押しに頼ったが、最後まで埼玉のゴールを破れずタイムアップ。あと一歩のところで全国大会出場を逃した。

[関東予選会 代表決定戦]

  • 埼玉県選抜OVER35 1-0 エリースFCDX
  • 千葉県OVER35選抜 1-0 ヴェルフェ35

◇日程・トーナメント表
日本スポーツマスターズ2017関東予選会

◇関連記事

PR

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP