[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 記事

東京サッカーニュース

O-35東京大会 エリースDXが優勝 JAL下す

PR

2017年1月30日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  35歳以上による「第1回日本マスターズ(O-35)東京都大会」の決勝が29日、世田谷区・駒沢第二球技場で行われ、エリースFCDXがJALを3-1で下し、初代優勝チームに輝いた。

 試合は前半18分にJALが先制。右SB黒田がゴール前にロングボールを落とすと、2列目から飛び出してきたMF坂口が頭で押し込んだ。しかし、エリースも27分、右SB土井のクロスを笠井が頭で落とし、最後はMF篠原が準決勝に続くゴールを決めて同点。さらにエリースは前半終了間際にも久保田の落としたボールをMF熊谷が右足でネットを揺らし逆転。

 勢いに乗ったエリースは後半早々の7分にも飯塚の折り返しをMF湯本が右足で3点目を奪って突き放し、記念すべき第1回大会を制した。エリースは2月に埼玉県で開催される関東大会に東京都代表として出場し、全国大会出場を目指す。


[第1回日本マスターズ(O-35)東京都大会 決勝]

  • エリースFCDX 3-1 JAL FC
  1. 写真
  2. 写真

◇日程・トーナメント表
第1回日本マスターズ(O-35)東京都大会

◇関連記事

PR

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP