[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 記事

東京サッカーニュース

O-35東京大会 エリースとJALが決勝進出

PR

2017年1月22日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  35歳以上による「第1回日本マスターズ(O-35)東京都大会」の準決勝が22日、品川区・大井第二球技場で行われ、エリースFCDXとJALがそれぞれ勝利し、29日の決勝に駒を進めた。

 エリースは東京消防庁と対戦し、0-0で迎えた後半14分に熊谷のクロスをエリア内で受けたMF篠原が決めて先制。その3分後には大塚のスルーパスからFW飯塚が抜け出して追加点を奪い、2-0で勝利した。

 JALはフエンテ東久留米と対戦し、1-1で迎えた後半28分に橋本が決勝ゴールを決めて2-1で競り勝った。決勝は29日、世田谷区・駒沢第二球技場で19時キックオフ。

[第1回日本マスターズ(O-35)東京都大会 準決勝]

  • 東京消防庁 0-2 エリースFCDX
  • フエンテ東久留米 1-2 JAL FC
  1. 写真
  2. 写真

◇日程・トーナメント表
第1回日本マスターズ(O-35)東京都大会

◇関連記事

PR

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP