[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 全国地域サッカーリーグ決勝大会ニュース一覧 > 記事

全国地域サッカーリーグ決勝大会ニュース

地域CL 東京23、初戦はPK戦勝利

PR

2016年11月11日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  日本フットボールリーグ(JFL)昇格をかけた全国地域サッカーチャンピオンズリーグの1次ラウンドが11日、全国の3会場で開幕。関東リーグで優勝し、5年ぶりの出場となる東京23FCはCグループに入り、山梨県の富士北麓公園陸上競技場で九州リーグを制したJ.FC MIYAZAKI(宮崎)との初戦に臨んだ。

 東京23はFW飯島、MF吉田、DF伊藤らが先発。ピッチは軽い霧がかかりスリッピーな状態で、立ち上がりからボールが落ち着かない。相手のロングボールを多用しながらの力強い攻めに受け身の時間が続き、なかなかシュートまで辿り着かず。前半終了間際にはようやく渡邉が惜しいボレーシュートを放つがネットは揺れず。前半は0-0のスコアレスで折り返した。

 後半に入ると最初にチャンスをつくったのは東京23。7分すぎにMF山本の仕掛けからゴール正面の好位置でFKのチャンス。しかし、渡邉の狙ったシュートはゴールの右に外れた。徐々にセカンドボールを制し、自分たちの土俵に持ち込むことに成功した東京23は丁寧にボールをつなぎながらサイドから分厚い攻めを披露。

 いいペースのまま迎えた後半35分、右サイドからDF伊東がクロスを入れるとファーサイドに流れたボールを山本が押し込んで先制。しかし同42分、CKのチャンスのあとにカウンターを浴びると、相手のクロス性のシュートがDF小山に当たってゴールに吸い込まれて同点に追い付かれてしまう。結局、勝負は90分で決着がつかずにPK戦に突入。

 後蹴りの東京23は3人目の飯島のキックがポストに当たり失敗したが、GK土井の活躍もあり最後はDF伊藤が決めて4-3で制した。東京23は1日目を終わって勝ち点2で2位に付けている。明日は関西リーグを制したアルテリーヴォ和歌山(和歌山)と対戦する。

[全国地域サッカーチャンピオンズリーグ]

J.FC MIYAZAKI 1-1(PK3-4) 東京23FC
【得点者】
0-1 80分 山本恭平(東京23)
1-1 87分 高瀬廉(MIYAZAKI)

【全国地域CL】
大会は全国9地域のリーグ優勝チームと全国社会人サッカー大会上位チームを加えた計12チームが出場。3グループ(各4チーム)に分かれてリーグ戦を戦い、各グループ1位と2位の最上位の計4チームが決勝ラウンドに進出。決勝ラウンドの上位2チームがJFLへ昇格を果たす。東京からは関東リーグを制した東京23FCが2011年に全国社会人大会枠で出場して以来5年ぶりに出場している。

【Cグループ 戦績表】

チーム名 鈴 鹿 和歌山 宮 崎 東京23 勝点 得点 失点 得失 順位
鈴鹿アンリミテッド
(全社2/三重)
-
1 - 0
3 1 0 1 1
アルテリーヴォ和歌山
(関西/和歌山)

0 - 1
- 0 0 1 -1 4
J.FC. MIYAZAKI
(九州/宮崎)
-
1 - 1
PK 3 - 4
1 1 1 0 3
東京23FC
(関東/東京)

1 - 1
PK 4 - 3
- 2 1 1 0 2

【勝ち点】試合時間内の勝者 3点/PK方式による勝者 2点/PK方式による敗者 1点/ 試合時間内の敗者 0点

◇全グループ日程・結果など

◇関連記事

PR

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP