[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 関東社会人サッカー大会ニュース一覧 > 記事

関東社会人サッカー大会ニュース

東蹴は小美濃が2点、Criacaoは学生に勝利 準々決勝へ

PR

2016年11月5日

このページを印刷する 印刷ページ

 関東社会人サッカー大会の1回戦が5日に神奈川県で行われ、東京は1部リーグを制した東京蹴球団、2位のCriacao、3位の三菱養和の3チームが出場し、東京蹴球団とCriacaoがそれぞれ勝利し準々決勝進出を果たした。3年ぶりの関東リーグ復帰を目指した三菱養和は敗れて、来季の東京1部残留が決まった。東京蹴球団は明日の準々決勝で昨年ベスト4入りを果たした群馬1位のザスパ草津チャレンジャーズと、Criacaoは埼玉2位のACアルマレッザ入間と対戦する。

東蹴 MF小美濃の2得点で快勝

写真  東京1部リーグを制した東京蹴球団は埼玉4位で出場のパイオニア川越を2-1で下し、初戦を突破。かつては関東リーグにも所属していた相手に立ち上がりからポゼッションを許しながらも自陣深くでは確実にボールを奪い速攻を繰り出す東蹴。いつもと変わらぬペースでゲームを進めると、19分に敵陣でのルーズボールをMF伊藤が拾って、素早く前線のFW山崎にくさびのパス。そこで一旦タメを作ると、ラストパスをMF小美濃が決めて先制。

 しかし、1点リードのまま迎えた後半はテンポアップした相手の攻撃に対応が遅れ始める。マークのズレが生じたところからミドルシュートを浴び、なかなか劣勢を抜け出せない。それでも我慢を重ねて無失点を保つと、ようやく好機が訪れる。75分にSB西田がボールカットからカウンターを発動。山崎とのワンツーで左サイドを突き抜けると、ゴール前への折り返しを小美濃が押し込んで2点目。終盤に1点を失ったものの2-1で競り勝ち、準々決勝に駒を進めた。


Criacaoは大学生相手に2-1で勝利

写真  3年連続3度目の出場となる東京2位のCriacaoは、大学生で構成された山梨県1位の山梨学院大学ペガサスを2-1で退けて初戦突破。序盤、CriacaoはMF上原が相手選手と競り合った際に脳震盪を起こして、負傷退場というアクシデントに見舞われた。だが、代わって入った江幡をはじめ全員が落ち着いてプレーをこなすと20分に先制点を奪う。
 DF岩崎のクリアボールを大野が拾ってMF池田につなぐと、そのままドリブルで左サイドを駆け抜けてエリア内に侵入し、最後は右足で逆サイドに沈めて先制。その後は学生の豊富な運動量と勢いに押されてピンチが続いたが、GK阿部の好セーブなどで1点リードのまま前半を終了。

 だが、後半開始2分、CKの流れからこぼれ球を蹴り込まれて同点ゴールを許してしまう。それでもそのわずか4分後、MF池田とのパス交換から矢吹が最終ラインを突破すると、エリア中央から右足でゴール左すみに決めてすかさず勝ち越しに成功。その後は再び劣勢の時間が続くも敵の反撃をいなしながら、カウンターやセットプレーで追加点を狙う巧みさも披露。2-1のスコアを保ったまま時計の針を進めて逃げ切った。

[関東社会人サッカー大会 1回戦]

東京蹴球団 2-1 パイオニア川越
【得点者】
1-0 19分 小美濃拓也(東京蹴球団)
2-0 75分 小美濃拓也(東京蹴球団)
2-1 82分 鵜川直也(パイオニア)

山梨学院大学ペガサス 1-2 Criacao
【得点者】
0-1 20分 池田優真(Criacao)
1-1 47分 大西ジョニー(ペガサス)
1-2 51分 矢吹龍磨(Criacao)

◇日程・トーナメント表

◇関連記事

PR

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP