[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 関東社会人サッカー大会ニュース一覧 > 記事

関東社会人サッカー大会ニュース

三菱養和、1-2逆転負け 来季も東京1部残留

PR

2016年11月5日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  関東社会人サッカー大会の1回戦が5日に神奈川県で行われ、東京3位で出場の三菱養和は千葉県1位のVONDS市原SECONDと対戦し、1-2で敗れた。この結果、三菱養和は来季も東京1部に残留することが決まった。

ボール走らず セットプレー2発浴び逆転負け

 最後まで”養和らしさ”は影を潜めたままだった。相手の前からの強いプレスにやや受け身の立ち上がり。MF岡元の不在も響いて前線でボールが収まらず、身上のショートパスがなかなかつながらない。それでも相手の前へ出る勢いを逆手に取るようにCB安田が敵陣のスペースにロングボールを落とすと、FW恵津森が抜け出してシュートを放つ。13分には左サイドのスローインからFW杉村の力強いドリブルが奏功し、こぼれ球をMF波多野が胸で押し込んで先制点にこぎつけた。

写真  だが、せっかくのリードも主導権を掌握するには至らない。16分にはCB安田のバックパスをGK真野がピッチに足を滑らせて処理できず、相手に決定機をプレゼント。このピンチこそ敵の判断ミスに救われたが、嫌な流れを断ち切れぬまま23分にCKを与えると、ファーサイドで押し込まれて同点に追い付かれた。

 後半に入ってもボールは走らず、どちらかと言えば球際や走力勝負といった相手の土俵。そして、リズムをつかめない時の養和のもろさをあっさりと突かれてしまう。53分、ショートカウンターから浴びた強烈なシュートはGK真野が好セーブで弾き出してCKへ逃げたが、そのCKをVONDSの柳田に頭で叩き込まれて逆転ゴールを許してしまう。追い込まれた養和はなりふり構わず前に出たが、杉村や恵津森にくさびを入れてからのショートパスの輪が広がらず相手のDFを崩せない。下村の左足で蹴る正確なFKやCKにゴールへの願いを託したが、相手の必死の応戦もあって押し込めず。

 結局、1-2で逃げ切られて惜敗。3年ぶりの関東リーグ復帰を目指した養和の挑戦は、初戦敗退という苦い結果に終わった。

[関東社会人サッカー大会 1回戦]

VONDS市原SECOND 2-1 三菱養和SC
【得点者】
0-1 13分 波多野 龍史(三菱養和)
1-1 23分 三上 雄亮(VONDS)
2-1 53分 柳田 航(VONDS)

◇日程・トーナメント表

◇関連記事

PR

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP