[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 東京都社会人サッカーリーグニュース一覧 > 記事

東京都社会人サッカーリーグニュース

東京1部 東京蹴球団が初優勝 上位3チームが勝ち点30

PR

2016年9月26日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  東京都社会人サッカーリーグ1部は25日、各地で4試合を開催した。

 優勝争いは前節3位の東京蹴球団がアストラとの最終戦をDF高野の決勝ゴールで3-2で制し、すでに全試合を終えているCriacao、三菱養和と勝ち点30で並び、得失点差での制覇を果たした。なお、2位はCriacaoで3位は三菱養和に決まった。東京蹴球団は来年創設100周年を迎える日本最古のクラブで、東京都リーグには1967年の初年度から参加。1部リーグでの優勝は今回が初めてとなる。

 関東リーグ昇格をかけた関東社会人サッカー大会には1位の東京蹴球団、2位のCriacao、3位の三菱養和が東京代表として出場する。東京蹴球団は1983年以来33年ぶり、Criacaoは3年連続、三菱養和は関東リーグ昇格を果たした2011年以来5年ぶりの出場。

 そのほかこの日はBunkyoがFW増田のゴールなどで3-1でOSSAを破り、CERVEZAとTFSCは2-2で引き分け、東京海上はFW秋岡の3得点と堀田の1得点5アシストの活躍などでVFCに9-0で大勝した。Bunkyoは勝ち点21の暫定5位、OSSAは同15の10位でリーグ戦を終えた。TFSCは勝ち点14の11位で終え、VFCは同5で最下位(14位)が確定し、来季の2部降格が決まった。CERVEZAと東京海上は来週が最終戦。

 なお、1部リーグは来週行われるCERVEZAと東京海上の試合をもって全試合が終了し、最終順位が確定する。

[東京都社会人サッカーリーグ1部]

  • FC.OSSA 1-3 LB-BRB Bunkyo
  • CERVEZA FC 東京 2-2 T.F.S.C.
  • 東京蹴球団 3-2 アストラ倶楽部
  • 東京海上FC 9-0 VFC東京

◇順位表

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP