[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 関東サッカーリーグニュース一覧 > 記事

関東サッカーリーグニュース

東京23、ジョイフルに4点快勝 優勝に王手 関東リーグ

PR

2016年9月11日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  関東サッカーリーグ1部の東京23FCは10日、ホームの江戸川区陸上競技場でジョイフル本田つくば(茨城)と後期第7節を戦い、4-0で勝利した。東京23は8連勝を飾り、勝ち点を38に伸ばして首位をキープ。次節、勝ち点3差で2位につける横浜猛蹴(神奈川)との直接対決に勝てば悲願の初優勝が決定する。

5000人には届かずも会心の勝利

 今季ホーム最終戦、「江戸陸満員プロジェクト 5000」と題して5000人の動員を目指した東京23だったが、残念ながら集まったのは約2600人と目標には届かず。それでも訪れたサポーターには4-0の快勝と文句なしの結果で応えてみせた。

 前節のスタメンからGKだけを入れ替えて臨んだ東京23は、序盤こそボランチの渡邉がゴール前に顔を出すなどしてシュートに持ち込んだが、その後はジョイフル本田の縦に速い攻撃に押され気味。それでも守備陣が耐えて無失点を保つと前半43分に先制点が生まれる。CKのこぼれ球をCB伊藤がうまくボレーシュートでネットを揺らし、前半を1-0。

 1点リードで迎えた後半は東京23の技術の高さが随所に発揮される。58分にはペナルティエリア手前でゴールを背にボールを受けたFW飯島が素早く反転して前を向くと右足を一閃。ゴール左隅に一直線に決まって2-0。この1点でジョイフル本田の足が止まり始めると、73分にはMF山本のFW飯島へのくさびのパスを起点に華麗な崩しを披露。最後は福井のクロスを山本がダイレクトで押し込んで3点目。

 とどめはロスタイム、途中出場のFW河内が鮮やかなミドルシュートを決めてダメ押しの4点目。東京23が4-0の快勝を飾り、いよいよ優勝に王手をかけた。次節、東京23(勝ち点38)が2位横浜猛蹴(同35)との直接対決に勝てば優勝が決定。引き分け以下の場合は最終節に持ち越しとなる。

【ゴールシーン】東京23 4-0 ジョイフル本田

[関東1部 後期7節]

東京23FC 4-0 ジョイフル本田つくば
【得点者】
1-0 43分 伊藤竜司(東京23)
2-0 58分 飯島秀教(東京23)
3-0 73分 山本恭平(東京23)
4-0 90+1分 河内勇太(東京23)

◇順位表

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP