[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 関東サッカーリーグニュース一覧 > 記事

関東サッカーリーグニュース

東京23、ホーム最終戦で5000人動員目指す

PR

2016年9月8日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  関東サッカーリーグ1部の東京23FCは今季ホーム最終戦(10日/江戸川区陸上競技場)となるジョイフル本田つくば戦で、5000人の動員を目指す。

「江戸陸満員プロジェクト 5000」
 現在7連勝を飾ってリーグ首位に立つ東京23が10日のホーム最終戦でスタジアムを満員にするプロジェクトを掲げている。今回のプロジェクトは中央大学商学部の学生がビジネス・チャレンジという講座の一環として東京23と共同で行っていて、企画や広報、運営等に関しては学生が主導で進行。すでに学生が企画したPR動画も出来上がっており、目標達成に向けて準備は着々と進んでいる状況だ。当日は来場者全員にステッカーの配布、先着1000名には限定缶バッジのプレゼントが用意されているほか、施設内には屋台も多く並び、お祭り気分を味わいながらサッカー観戦が出来るとのこと。昨年のホーム最終戦では地域リーグとしては異例となる3300人の集客に成功しており、今年はさらにその数字を大きく上回る5000人を達成できるか。試合は10日、江戸川区陸上競技場で17時(夕方5時)キックオフ。入場は無料。

◇イベント詳細(PDF)

◇学生企画 PR動画

現在7連勝で首位に立つ東京23 今節引き分け以上で優勝に王手

 東京23は現在リーグ残り3試合の状況で勝ち点35で首位に立っていて、今節引き分け以上の結果を残せばいよいよリーグ初優勝へ王手がかかる。だが、相手は4位につけるジョイフル本田つくば(茨城)で、いくら好調の東京23とはいえ簡単に勝ち点3を挙げることは難しいだろう。特に前節のVONDS戦のように蹴り合いになったり、相手の速いカウンターを浴びるようだと全体が間延びして分が悪くなる。いかに全体をコンパクトに保ち、走りの量よりも動きの質や連動性、技術といった東京23の持ち味で相手を上回れるかだ。中盤で攻守のつなぎ役となるMF吉田の働き、さらに前節決勝点を挙げてここ4試合で3得点を挙げているFW飯島の決定力に注目したい。

[関東1部 後期7節]
・開催日:2016年9月10日(土)
・キックオフ:17:00(入場無料)
・対戦カード:東京23 - ジョイフル本田
・試合会場:江戸川区陸上競技場

◇順位表

◇試合会場 - TOKYO FOOTBALL MAP

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP