[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 東京都社会人サッカーリーグニュース一覧 > 記事

東京都社会人サッカーリーグニュース

東蹴がTFを破り首位 三菱UFJと海上はドロー

PR

2016年7月25日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  東京都社会人サッカーリーグ1部は24日、各地で2試合を行った。東京蹴球団はスコアレスで迎えた後半20分にCKからFW山崎がボレーシュートでネットを揺らし、TFSCを1-0で退けた。東京蹴球団は開幕から無敗(6勝3分け)を維持し、勝ち点21で首位に浮上。敗れたTFSCは同10で10位につけている。

 三菱東京UFJと東京海上は、前半18分に三菱が池西の蹴ったFKからFW柳生が決めて先制。だが、東京海上も試合終了間際にMF早坂がネットを揺らして土壇場で同点に追い付き、1-1で引き分けた。三菱は勝ち点18で4位、東京海上は同10で9位につけている。

[東京都社会人サッカーリーグ1部]

  • 三菱東京UFJ銀行 1-1 東京海上FC
  • T.F.S.C. 0-1 東京蹴球団

◇順位表

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP