[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 東京都社会人サッカーリーグニュース一覧 > 記事

東京都社会人サッカーリーグニュース

アストラが暫定首位 セルベ、三菱UFJが勝ち点3

PR

2016年5月30日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  東京都社会人サッカーリーグ1部は29日、都内各地で3試合を行った。

 アストラはOSSAに3-2で競り勝ち、勝ち点を15に伸ばして暫定首位に浮上した。アストラは前半に浅間、後半開始2分に笈川が追加点を奪って2-0としたが、そこからOSSAの反撃に遭い56分、64分に連続失点。2-2のまま試合終了かと思われた後半ロスタイムに葺本のクロスがゴール前で混戦となり、最後は浅間が頭で押し込んで競り勝った。

 そのほかCERVEZAは前半に上村が2点を奪ってVFCに2-0で勝利し4勝目。三菱東京UFJは前半16分にCKから仙波が先制ゴールを挙げると、33分には大矢が追加点を奪い、2-0で城北を下して3勝目を挙げた。

[東京都社会人サッカーリーグ1部]

  • アストラ倶楽部 3-2 FC.OSSA
  • CERVEZA FC 東京 2-0 VFC東京
  • スペリオ城北 0-2 三菱東京UFJ銀行

◇順位表

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP