[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 東京都社会人サッカーリーグニュース一覧 > 記事

東京都社会人サッカーリーグニュース

HBOが首位維持 アストラは上位対決制す 東蹴 養和は無敗キープ

PR

2016年5月23日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  東京都社会人サッカーリーグ1部は22日、各地で6試合を行った。

 HBO東京は東京海上を3-1で破り、勝ち点を12に伸ばし、得失点差での首位を守った。前半32分に先制点を許したHBOだが、同40分にPKを獲得すると三野が決めて同点。さらにこのPK獲得の際に東京海上のGK峯が退場になり数的優位を得ると、後半開始早々には陶山が逆転ゴールを奪い、同31分にも陶山が追加点を決めて快勝した。一方、敗れた昨季王者の東京海上は3連敗。

 2位アストラと3位CERVEZAの上位対決は、1-1で迎えた後半16分にFKのこぼれ球をアストラの松田が豪快に蹴り込んで決勝点。アストラが2-1で競り勝ち、勝ち点を12に伸ばし2位をキープした。東京蹴球団は後半25分に西田がPKを決めて1-0で三菱東京UFJを下し、三菱養和は杉村の2得点と岡元のゴールでスぺリオ城北との昇格組対決を3-0で制した。東京蹴球団と三菱養和は3勝目を挙げて勝ち点を11に伸ばし、開幕からの無敗をキープ。

写真  前節初黒星を喫したCriacaoは前半に大野、後半に中村が2得点を挙げて3-0でフエンテに快勝し、3勝目を挙げて勝ち点を10とした。敗れたフエンテは開幕5連敗。Bunkyoは前半終了間際にセットプレーから今野が先制点を挙げると、後半には途中出場の岩渕が追加点を奪い、TFSCを2-0で下し、2連勝を飾った。TFSCは開幕5試合勝利がなく1分け4敗。

[東京都社会人サッカーリーグ1部]

  • LB-BRB Bunkyo 2-0 T.F.S.C.
  • 三菱東京UFJ銀行 0-1 東京蹴球団
  • 東京海上FC 1-3 HBO東京
  • CERVEZA FC 東京 1-2 アストラ倶楽部
  • Criacao 3-0 フエンテ東久留米
  • 三菱養和SC 3-0 スペリオ城北

◇順位表

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP