[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 東京都社会人サッカーチャンピオンシップニュース > 記事

東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)ニュース

東京カップ 日立ビルがエリース下し初優勝

PR

2016年3月27日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)最終日は27日、品川区・大井第二球技場で2次戦決勝を行い、日立ビルシステムが2-0でエリースFC東京を下し、大会初優勝を飾った。日立ビルシステムは社会人代表として天皇杯東京都代表を決定する「東京都サッカートーナメント」に出場する。

 関東リーグ所属チーム同士の対戦となった決勝は序盤から激しい攻防を繰り広げながらも、前半はスコアレス。後半9分、日立はFW齋藤の直接狙ったFKのこぼれ球をDF小島が決めて先制。さらにその2分後にはFW藤波が高い位置で相手のボールを奪うと、そのままドリブルで持ち運んで左足でネットを揺らして2点目。その後は小島が退場となり数的不利となった日立だが、守備陣が耐えしのぎ2-0で逃げ切った。


[東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 2次戦決勝]

■試合会場:大井第二球技場

  • エリースFC東京 0-2 日立ビルシステム

◇大会試合日程・結果

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP