[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 東京都社会人サッカーチャンピオンシップニュース > 記事

東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)ニュース

東京カップ、ベスト4が決定 アストラ Criacaoが金星

PR

2016年3月13日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)10日目は13日、2次戦1回戦の4試合を大井第二球技場(品川区)で行い、東京1部のアストラとCriacaoが関東1部の東京23、KOREAをそれぞれ破る大金星を挙げて準決勝進出を果たした。そのほか関東リーグ所属のエリース、日立ビルシステムが準決勝へと駒を進めた。準決勝の対戦カードはアストラ対エリース、Criacao対日立ビルシステムで、20日に清瀬市・下宿第三運動公園サッカー場で行われる。

 アストラは大会2連覇中の東京23と対戦し、前半15分にMF浅間が得点を奪うと、後半は相手の猛反撃に遭ったが、守備陣が耐えて1-0で競り勝った。関東1部へ昇格するエリースは同2部の早稲田ユナイテッドと対戦し、前半にFW山下と市村のゴールで2点を先取すると、後半に早稲田の小川に2点を奪われてPK戦に突入したが、最後はGK白子の活躍などで6-5で制した。

 Criacaoはキックオフからわずか11分の間にFW大野の2得点と岡本のゴールで3点のリード。その後、前半のうちに1点を返されたものの、後半には中村の2試合連続ゴールで突き放し、KOREAを4-1で破った。関東2部への降格が決まった日立ビルシステムは東京1部の東京蹴球団と対戦し、スコアレスで迎えた後半5分にFW齋藤がネットを揺らすと、その5分後には藤波が追加点。その後、東京蹴球団の藤野に1点を返されたが、2-1で競り勝った。

[東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 2次戦1回戦]

■試合会場:大井第二球技場

  • 東京23FC 0-1 アストラ倶楽部
  • エリースFC東京 2-2(PK6-5)早稲田ユナイテッド
  • FC KOREA 1-4 Criacao
  • 日立ビルシステム 2-1 東京蹴球団

◇大会試合日程・結果

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP