[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 東京都社会人サッカーチャンピオンシップニュース > 記事

東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)ニュース

東京カップ 東蹴、Criacao、アストラが2次戦へ

PR

2016年3月6日

このページを印刷する 印刷ページ

 東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)第9日目は6日、1次戦の各ブロック(A~C)決勝を世田谷区駒沢第二球技場で開催。Aブロックは東京蹴球団がOSSAに3-0で、BブロックはCriacaoが3-1で三菱東京UFJを下し、それぞれ初の2次戦進出を決めた。CブロックはアストラがPK戦の末にCERVEZAを破り、2年連続で2次戦進出を果たした。

写真  東京蹴球団は立ち上がりからOSSAにボールを持たれる時間が続いたが、無失点で前半を折り返すと、後半9分にカウンターからFW山崎が左足で決めて先制。さらに同15分にはMF栗原が倒されたPKをDF西田が決めて追加点。同28分には須貝のパスを栗原が流し込み3点目をダメ押し、3-0で快勝した。東京蹴球団は2次戦1回戦で関東1部の日立ビルシステム(今季は2部)と戦う。

写真  Criacaoは開始からプレスが機能し主導権を掌握すると、16分にカウンターから右サイドを抜け出したMF中村が逆サイドに決めて先制。さらにその1分後には岡本とのワンツーでエリア内に侵入したMF高橋が右足で蹴り入れて追加点。後半も早々に中村が3点目を奪って突き放すと、終了間際には三菱東京UFJの中谷に1点を返されたが、3-1で逃げ切った。Criacaoは2次戦1回戦で関東1部のFC KOREAと対戦する。

写真  アストラは前半、CERVEZAのサイド攻撃に苦しんだが、相手の決定力不足にも救われ0-0でハーフタイムへ。後半は途中出場のMF中山らが果敢に仕掛けて好機を築いたが決められず。スコア動かぬまま0-0でPK戦に突入すると、互いに1人ずつ失敗して迎えた9人目、アストラはGK菅野がCERVEZAの梅澤のキックをストップ。最後は佐藤が決めて8-7で制した。アストラは2次戦1回戦で関東1部の東京23FCと対戦する。


[東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 1次戦決勝]

■試合会場:駒沢第二球技場

  • [Aブロック] FC.OSSA 0-3 東京蹴球団
  • [Bブロック] Criacao 3-1 三菱東京UFJ銀行
  • [Cブロック] CERVEZA FC東京 0-0(PK7-8)アストラ倶楽部

◇大会試合日程・結果

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP