[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 関東サッカーリーグニュース一覧 > 記事

関東サッカーリーグニュース

LB-BRBがサポーター交流会 新体制を発表

PR

2016年3月3日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  昨年関東社会人サッカー大会で優勝し関東サッカーリーグ2部への昇格を決めたLB-BRB TOKYOは2日、今季からスポンサーとなる文化シヤッターの本社(文京区西片)内にあるBXホールにて、東京都女子サッカーリーグ5部優勝を果たした女子部の文京LBレディースと合同で「W昇格を祝うサポーター交流会」を開催した。

 この日は選手やスタッフのほかに成澤廣修・文京区長やチームのメインスポンサーであるフクダ電子の福田孝太郎会長、4月1日付けで文化シヤッターの社長に就任する取締役専務執行役員の潮崎敏彦氏などスポンサー、サポーター約100人が集まり交流を深めた。あいさつに立った成澤区長は「文京区で生まれたチームなのでこれからも全力で応援したい」とエールを送った。

 交流会の中ではLB-BRBの福田雅監督が今季の新体制を発表し、スタッフや新加入選手を紹介。コーチ陣は昨年に引き続き元日本代表の林健太郎氏がヘッドコーチを務め、さらに今季からは東京大学サッカー部でコーチを務めた星貴洋氏が加わる。

LB-BRBが今季の新加入選手13人発表

 新加入選手は13人で慶應義塾大学で副キャプテンを務めたMF山田融や立命館大学のFW前岡信吾などの新卒組に加え、昨季までJ2・京都サンガでプレーしたDF黄大城やJ1・甲府などでのプレー経験もあるDF杉山新。またJFL・東京武蔵野シティFCからMF長尾林太郎など幅広い顔ぶれが揃った。福田監督は「そうそうたるメンバーが加わり、十分に関東1部を狙える」と自信を見せた。また、今季からは新たにユースチームを設立し、総監督には暁星高校サッカー部監督で日本サッカー協会理事も務める林義規氏が就任することも発表された。

 LB-BRBの今季開幕戦は4月上旬で、昨年関東2部3位の早稲田ユナイテッドとの東京勢対決に臨む。

福田 雅監督:一問一答

去年チームを一新し関東リーグ昇格を果たしたが、あえてまだ足りない部分や今後成長しなくてはいけない部分は感じたか。
「難しかったのはクラブをオープン化したことによって色々な選手が集まり、サッカーのスタイルがなかなか定まらなかったこと。上のカテゴリーに上がってやっていくにはクオリティーの高いサッカーをしなくてはいけないと思っていたものの、去年はまず勝つことを最優先に考え、途中で方針を変え、最後のトーナメント戦では一番勝率の高いスタイルに切り替えた。シーズンを通すとクオリティーの高い選手を十分に生かし切れなかったという思いもあるが、一方でこれまで頑張ってきた功労者たちの勝ちたいという執念を生かすサッカーで勝てたことは成功だったと思う。ただ、去年のような頑張って走るサッカーではこれから戦っていく相手には勝てないので、今季は明確にクオリティーの高い選手を獲得しにいった」

具体的にはどういった選手を獲得したいと考えていたのか。
「トップ、センターフォワード。立命館大学の前岡信吾、筑波大学の若杉拓哉などのクオリティーの高い選手は積極的に取りに行った。あとはボランチの展開力という部分で慶應大学で副将だった山田融、KOREAの卞栄将を取った。去年、自分たちはどちらかというと前からプレッシャーを掛けてショートカウンターを仕掛けるのは得意だったが、引かれた相手をじっくり崩す遅攻というのはうまく出来なかった。去年リーグ戦で敗れた三菱東京UFJ戦などがまさにそうだった。そこで引いた相手も崩せる、遅攻でも崩せるというチームを作りたくて、トップで起点になれる高い能力を持ったセンターフォワードとボランチでタメを作ってギアチェンジができる中盤の選手を中心に考えた」

そうすると今年は関東リーグで戦うために去年よりも、もう少し遅攻を織り交ぜていくことになるのか。
「今までのハイプレッシャーのサッカーも志向しつつ、引いた相手には自分たちがボールを保持してじっくり崩せるクオリティーを見せたいと思う」

改めて新加入選手の中で注目選手は。
「FW前岡信吾、MF山田融、MF卞栄将。このあたりは見てほしい。Jリーグを経験しているDF黄大城も入ったが、今はケガをしているのでフル出場は難しい。DF杉山新も足首の状態が今はよくない。でも、左サイドのDF久保優斗とか武蔵野から入ったMF長尾林太郎は十分に戦える選手だと思う」

最後に今季の意気込みを。
「関東2部を無敗で優勝して1年での1部昇格。あまりこのカテゴリーに長くいてはいけないし、1年で突破したい」

◇関連記事

PR

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP