[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

TOKYO FOOTBALL

有料会員のご案内


トップ > ニュース一覧 > 日本フットボールリーグ(JFL)ニュース一覧 > 記事

日本フットボールリーグ(JFL)ニュース

武蔵野、吉田監督続投 新入団選手7人を発表 JFL

PR

2016年1月13日

このページを印刷する 印刷ページ

写真  日本フットボールリーグ(JFL)の東京武蔵野シティFCは12日、吉田康弘監督(46)との契約を更新すると発表した。吉田監督は2011年からクラブのコーチ、ヘッドコーチを経て、13年に監督に就任。今季は4年目となる。

 3年目の昨季は1stステージが勝ち点17で12位、2ndステージは一時は最下位に転落するなど調子が上がらず勝ち点13で13位。年間順位は8勝6分16敗の勝ち点30で12位と厳しいシーズンを送った。

 ただ、クラブは昨年Jリーグを目指す「百年構想クラブ」の認定申請を行っており、今季はクラブ名も横河武蔵野FCから東京武蔵野シティFCに変更し、心機一転、新たなスタートを切る。また、クラブは12日、昨季限りで現役を引退した城間由太氏(27)のコーチ就任、新入団選手7人も発表している。

【新加入選手】
GK内山 圭(東海大学)
DF菊野 太紀(FC琉球)
DF寺島 はるひ(流通経済大学)
DF唐木澤 真也(駒澤大学)
DF望月 湧斗(北陸大学)
MF大崎 昇吾(横浜市立大学)
MF久司 勇二(東京学芸大学)

◇東京武蔵野シティFC - 公式サイト

◇関連記事

PR

【関連ページ】

【関連カテゴリ】

▲ PAGE TOP

PR

  PAGE TOP